« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の記事

2016/05/17

イッセー、そのTシャツはどういうことなの(CV.日笠陽子)

なんか海外サイトで買い物してたら「あなたにおすすめの商品」がすごかったので紹介するの助。
いや 短絡なロボットマーケティングだから日本人に日本語のものをオススメしたんだろうけど、かなりツボですよ。なぜか南国アイランド風なのがまた意味不明でなんとも言えません。


たまらんなあ!
このバリエーションリストの様相、必見ですよ。
20160517_153440
素敵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/15

【カイコ】営繭もほぼ終了

終わったー 
いやー 7品種200匹くらいですか。
やればできましたね。切り抜けたぞ。
このうち何種が一化生なのかは知らんけど。

茶縞。黄色い繭でややしずく型になったりする。繭になってから数を合わせて確認できるように幼虫のときに何匹いるか数えたけど、玉繭(2匹で1つの繭になる)が多くてまったく役に立たず。
Dsc07540

046。webでスペインの販売元らしいのを見たら、どうやら三元交雑種らしい。てことは一代限りの模様の可能性あり。繭色もバラバラだし。
Dsc07541

ISZAM。これぞ蚕って感じの純白の繭。白いのも黒いのも同じ繭だった。
Dsc07542

黒縞。鮮やかな山吹色の繭。これはかなりのカラー繭だわよ。
Dsc07543

形蚕。レモン色って言ったけど、全体で見るとそうでもなかったな。茶縞とほぼ同じ黄色。毛羽が多い印象だったけどそうでもないか。いやまあとにかくよく登るしじっとしてないわこれ。
Dsc07544
営繭中なの。Dsc07545


瘤蚕。雑種だと思うんだけど。白いのから薄黄色のものまでいろいろ。形は少しくびれがある。
Dsc07546

姫蚕。まだやっと終齢。3齢幼虫もいる。一匹だけ繭になった。ちっさ!! 意外と濃い黄色の繭。
Dsc07547

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/10

【カイコ】杲が予想以上に美しい蚕だった

とか 写真撮ってぐずぐずしてたら今もう営繭始まってるよーー!
さっさと記事にしとくよ!

茶縞。黒縞より成長は遅かったけど、先に熟蚕になった。終齢の期間が短めな感じ。
繭は黄色。2匹でひとつの繭を作る"玉繭"になりやすいみたい。
Dsc07531

046。 デロビスとほとんど同じって思ったけど、はっきり違ってきた。なんていうんだろう。私が名付けていいなら虹蚕とでもつけたい。暗色蚕の体色に褐円斑がある感じの、なんかカラフルな蚕でした。繭は白いやつと緑がかったレモンのやつがいる。
Dsc07533

ISZAM。杲(ひので)の柄と姫蚕とがいる。めっちゃきれい!! 黒縞はベルベットのようなすべすべした黒い蚕だったけれど、こいつはなんかデコレーションケーキのよう! 華やか!! とっても気に入りました。繭は白。
Dsc07529

黒縞。育てやすいけど終齢期間が長め?? 繭は鮮やかな山吹色。大変美しいです。
Dsc07528
Dsc07539


アモイっていうけどなんかほぼ形蚕。だが脚が強くてすごくよじ登ってくる。蚕にしては飼いにくいですなこれ。終齢になっても細身。嘘だった。普通に太った。成長が遅いだけ。繭はレモン色で、形がぼんやりしている。
Dsc07534

デロビス。おそらく雑種。バリエーションミックス的なものかと思う。基本的に瘤蚕が多いけど、黒縞みたいのや暗色蚕みたいのも混じってる。繭は白い。
Dsc07535

ブランコ。ぜんぜん育たないわこの子ー! 人工飼料が嫌いなのかと思って生桑を与えてるけど、ぜんぜん効果なし。まあでも幼虫を長く楽しむにはこれくらいがいいね。まだ4齢なので繭はわからない。
Dsc07536

終齢は人工飼料ではコスパが悪いので桑の葉を狩ってきたよ。これ第二弾。
Dsc07537
近所の桑が伐られちゃったから遠征しなきゃならんのだけど、まあ あとこれだけあれば山は越えられそうだ。ふー 一時はどうなるかと思った約200匹、なんとかなりそうだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »