« 2014年10月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年11月の記事

2014/11/19

魔法を取り戻したらルンペルシュティルツキンがつやつやしずぎててワロタ

ワンスアポンナタイムはもう日本の放送待ちきれなくて、ただいま第三シーズンの半ばまで読んじゃってます。
第二シーズンはルンペルが冥利につきるんですけど!
闇の王ですが何か?という呈ですばらしいです!
「闇の王」って訳はあまり好きではありませんけど。
じゃあほかになんて訳すのかっていわれてもピンときません困ります the Dark One 。
「王」っていうのはなんか、そのしたに民があってそのトップというか、集合のなかでの一番上って感じがするんですよねー。 the Dark One はそうじゃなくて闇そのもの、闇を具現化した存在をあらわしている呼称だと思うのです。
だからっつって「闇の者」じゃあ日本語として弱いしよ。けっきょく語呂的にも「闇の王」で落ち着くんですかな。

いやそんな言葉尻はどうでもいいんです。
第二シーズンはルンペルが本領発揮してるんです。生き生きしてる・・・のとはちょっと違うな。生きのいいひとじゃないからな。たとえるなら梅雨時のケロン星人といいましょうか! つやつやですよ。てかてかですよ。
中盤、「なんだそのめんどくさい家系図はーーっ!」ってとんでも展開しますが、第三シーズンでもっと「てめーの血統設定ふざけんなww」展開が爆誕するのでもうやんややんやw

いったんすごくきれいに完結して、2年半分の物語に感動のピリオドを迎えるのですが、アメリカ式に後付けでずるっとひきずってシリーズは続きます。
いやこれ終わっとこうよ落としドコロだったよここ?って思うんですが、日本と構成の仕方がちがうせいかそれがシーズンど真ん中なんですわ。不思議。次の話からなし崩しに新編が始まるのがなんか余韻がない。

まいっか。

私にとってよくないのは、トランスクリプト(番組内の台詞を聞き取って文字に書き起こし、ト書きをつけて台本みたいにしてあるもの。)を書いてくれる有志の士気がだんだん下がっていることですー! 途中から書いてないとか、台詞だけ文字にしてあって誰がしゃべってるのかまったく不明だったり、効果音だけで何が起こったのか見当もつかなかったり。つらい(涙
いくつかのサイトをあわせて見て補完してます。

話し相手がいなくてさみしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版 ミニスキュル 森の小さな仲間たち 観てぬいぐるみ買った

ミニスキュルのてんとう虫のぬいぐるみ。
Dsc06820
鞘翅目は好きではないはずの野山あをがなぜ?
特にてんとう虫にはネガティブキャンペーン展開中だが!
だってこれ鳴くんだよ!!

かわいい・・・・。
ぷーぷっぷ ぷーぷー♪ ぷーぷっぷ ぷーぷー♪ 
゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
毎日鳴らして癒されてる。
視線がちゃんとまっすぐしてて「じっ…。」と感が出てるし、似てるし、縫製も手触りよくって出来よし! 欲を言えばもっと上目遣いでもよかったかと。フランス製の輸入品だけどなぜか表示のユーロ価格(€24.99≒¥3665)より安く売ってる不思議。

ミニスキュルのてんとう虫はてんとう虫ではありません。“てんとう虫らしき宇宙生物”です。
やつが卵から成虫の姿で生まれることはご紹介済みですが、なんと彼らは草食です。
木の実を食べ(!)ポテチを食べ(!?)ハチより速く飛びアリと仲良し! そして翅が取れてもまた生えてくる!! 直るのかよ翅! 生えかわって伸びてきたよ翅! お前何者だ!!!

っていう。

なんかね、シリーズ中ではちょっとイラっ☆とする奴なんですよ。主人公キャラなのに。

卵から生まれるのデフォなのでもう驚かない。
映画ではじめてみた人はきっと「!?!」って思ったことだろぅ。


映画冒頭では This is her story. って書かれていたと思ったのだけど、ストーリー展開上このてんとう虫が女の子とは思えなかったんだなあ。もとがフランス語だから「てんとう虫」が女性名詞なんだろうかとか思う。英語でLady Bugだから代名詞がsheなんだろうかとか。

やー いつもながら虫の虫っぽさがすげーいい。このてんとうのちょこん感とかアリのピタっと感とか。
Dsc06825
動きではムカデ(ヤスデだと思うが。)が一番好きです。なめらかな足運びがよいです。
Dsc06822
かねてから(ハエトリ)クモがススワタリにしか見えなかったんだけども、
Dsc06821映画のパンフレット記載によると本当にススワタリのオマージュだったw なんだよ やっぱりクモじゃなかったのかこいつww

アリが実はみんな顔がちがう。だからといって個性づけがされているわけではない。
Dsc06824
Dsc06823
無表情なことがいいのです。ほんとの虫をみてるみたいで。カマキリを観察しているような気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ヤモリ】コオロギをじっと狙う

15分くらいかけてじりじり近づいていった結果。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年2月 »