« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014/10/19

【スズメガ】ホシホウジャク羽化しちゃった

ken2が
「なんか部屋に蛾が飛んでるんだけど。」って。
照明のカバーにとまってるそいつは、おやおや ホシホウジャクさんじゃありませんか・・・。

来春まで休眠だと思ってたから蛹を放置してたんで、云々。
「寝るまでに捕まえといてよね。」
ハイ すみません。
Dsc06816
もう、クモの餌にもならない・・・。
ヤモリにはでかすぎるし。

いちおうやってはみるか。
Dsc06818


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【クワイコ】メスが出たー と思ったら

数日しても産卵しないのでオス同士でがっちり交尾してただけらしい。
Dsc06814
丸一日くっついたままだったし、割愛しようとひっぱってもとれなかったのに。
どっちかがモザイク(両性の形質が混ざって発現している個体)なのかとも思えないのだが、どこで交尾器をひっかけていたんやら?
Dsc06815

その後 メスが立て続けに3匹出ました。
あきらかに白くてカイコっぽい姿ですが、こいつらでも飛びましたわ。
Dsc06817
この掛け合わせの結果はメスとオスで体色が違うものになったようで。
もしかしたら黒縞に発現したのが全部メス? 

あと成虫の寿命が短い。
バタバタ飛び回るせいかカイコよりエネルギー消費し尽くすの早いのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/17

ルンペルスティルツキンに萌え殺されてます。もう生きた心地がしない。

Once Apon a Time
昨日の放送はもう「殺す気か!」と。殺人放送でしたよええ。ほんとにもう今日一日、どうやって息をしていたかわからないほどリビングデッドな一日だった。
脳内でルン(ryとベルがずっといちゃいちゃしてます。どうしたらいいんですか。
どうして闇の魔法使いと人間の女はこんなにどストレートに萌える展開をするんですか。

ディズニーだし、“真実の愛至上主義”がゆらぐことはないのだろうけど、ハッピーエンドにするにはちょっとル(ryが人間を殺しすぎてるのが心配心配(><)
とか このあたりの本編感想は別口で語るわ。延々と書きたい。だらだら萌え語ってたい。

今はもーファンフィクションが熱い!って話です!!
どーーにかこの二人をベッドに入れたい!!って妄想にゴロゴロ転げてもだえてましたけど、
いくらでも落ちてたそんなもん。

rumbelle bath time by DreweDori on deviantART
ぼくが1000回くらい死ねる量が落ちてた。
やったー もう みんな(・∀・)人(・∀・)ナカーマ
Rumbelleってぐぐるとほいほい行き着く。RumpelstilltskinとBelleのカップリングだからRumbelle。まさか英語でもそういう略をするとは知らなかった。

やー でも贅沢言わせてもらうと人間体のMr.ゴールドではなく闇の王の姿のリザードスキンな体でのがさらに気になるっていうかなんちゅーか本中華ー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/15

ルンペルシュテルツキンのダガーが欲しい。

妄想は自家発電でしのげる!
というか二人が本編でチュッチュしてるのを見てるだけでもだいぶ幸せ!
加えて本国のファンサイトwikiでの一文にめっちゃシンパシー!
Photo
"And Straight on 'Till Morning"
でっすよねーーーー!!!
我が意を得たり!
二人のピロートークのファンフィクションは絶対あると確信! 超読みてえ!
"Say you love me, Rumpelstertskin. And I will be yours"
的なーーーーーーーーーー!!!!!

ごめん 今 幸せ。


 
そんなこんなで物欲は他に向いた。これが欲しい。
Knife5
えー 綴りが違うんじゃね?って、本国でもめっちゃ突っ込まれてるモノなんですけど、作中では重要アイテム。“闇の王”の証みたいなもの。主の名が浮かび上がるようになってるようなので、きっと彼は忌み名ではこの綴りなんだろぅと私は解釈しておく。
もーねー 実物大のものからペンダントトップまで、ファンが作った作品がネットにあふれてて、そんで普通に個人ショップサイトで売ってるんだよねーーー。
ディズニーライセンスのファンアートものがこんなに大手を振って販売されてることに驚きを隠せない。
キャラクターじゃなければ版権及ばないのかなあ。
でも商品化権とかあるよなあ。ライセンシーがいない間ならスルーってことなんだろうか。
長年当日版権システムに縛られたディーラーの身としては、複雑な気分である。


で、最終的に物欲を突き詰めていったところ、ルンペルシュテルツキンのフィギュアが作りたい。
今ココ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/13

カタツムリを踏み殺す

のは気分がいいものなんだろうか。

いや わたしの今一押しのルンペルシュテルツキンがですね、魔法使いなんですけども、かなりたやすく人を殺しちゃうひとなんですけど、人間をカタツムリに変えて踏み殺すのは気に入ってるみたいで。

アメリカのもの見てると時々出会う気がする、“虫を踏み潰す”描写。
どれに出てきたかと言われると記憶されてないんだけど、無抵抗のものを蹂躙する象徴として?出てくる。みたい。
優越感の表現なのかなあと思うんだけど、日本人感覚としては、踏むのって普通にキモチワルくね?って思う。
なんだろう、靴社会だからなのか?この踵にするという意味合いの差。
Photo_2

あと、カタツムリは害虫っていう意識差もあるのか。
なんとなく日本ではでんでんむしは人畜無害でとおってるけど、たぶん前にも書いたけど子供のころにオーストラリアのはとこがカタツムリを捕まえたーっつってめっちゃ踏み潰して遊んでたのがトラウマ的に印象に残ってるんだわよ。完膚なきまでにすりつぶしてたw

いやまあ子供はなんでも殺すけどさ。
わしも小1のあたりにゃ桜から落ちて這ってるカレハガの毛虫を片端からめっちゃ踏んで殺してまわったわー。特に面白かったわけでもない。「毛虫だ、殺そう。」というしごく単純な意識だったと思う。

でも高学年になって、うっかり玄関でコオロギを踏んでしまったときは カシュ っていう靴裏の触感と罪悪感がかなり長い間続いたわー。
あのときの鬱な気持ちはよく覚えてる。

だけど社会人になって、とある行列に並んでいた時に足元にゴキブリが襲来してきてな、サンダルの女性なんかキャーピー言ってるので、ぼくの近くに来たときに踏んでやった。
ぺちゃんこじゃないよ。動けない程度に外骨格を割ってやったんだよ。ぼくは感謝されてもよいくらいだよね。現場は凍り付いてたけどな。
この頃にはちっともまったくぜんぜんあのコオロギを踏んだときの気分にはならなかった。

とるにたらないムシケラめ

って感じか。これか。これの感じか!?こーゆーことなのかね欧米感覚?

でも体重かけてべちゃって潰すのはやっぱ感覚違うわーーー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【ゴキブリ】自分が残念すぎてつらい

ゴキブリと犬ではどっちが嫌いかというと非常に悩ましい野山あをです。
近年、ゴキブリが手づかみで捕獲できる自分に気づいて落ち込んでもいるのですよ。
屋外でゴキブリを見つけると『捕まえるか、見逃すか』の葛藤をする自分にほとほと嫌気がさしています。
つい先日も、マンションの廊下でゴキに遭遇し、しかも肩の高さだったので「うわっ」と思いつつ『な、なんだこいつ・・・捕まえてほしいのか・・・ッ!?』などというおよそありえない誘惑を感じながら、ないないないない と自分に言い聞かせて無視してきたのですが。

翌日にその場で亡くなっていたのでやっぱ拾ってきてしまったorz

Dsc06804

ああやだもう自分が!
虫ならなんでも好きなのか!

でもたぶんカブトムシだったら拾ってない。

 
というわけでゴキブリの標本がまた商品化です。
久々かも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【クワイコ】オスばっかしか出ない

第二弾も続々羽化してはいるのですが
Dsc06803
なんかやっぱりオスしかいないんですよねぇ・・・
Dsc06809
いまのところメスは一匹だけだ。
まあまだ繭は20個くらいあるからそのうち出てくるとは思うんだけど。


検証 クワイコ。飛んだ。
ちゃんと飛べたわ。
でもぶんぶんはしない。すぐ留まる。
Dsc06808
それがカイコの血のせいなのか気温のせいなのかはちょっと不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバーシックスが14年かかってついにDVDになった!

8月にな。アメリカで。
DVDはフランス語では出ていたんだけど、英語ではVHS止まりだった。
ここにきてついに英語もDVD化キターー!
といっても当然リージョン違うし、いちおうyoutubeで全話落として持ってたから放置してたんだけども、先日パソコンが死亡して全部のデータを失ってたんですよね。


本当は原作コミック(フランス漫画です)が欲しくて出品待ちアラートかけてたんだけど、この夏からはずっとこのDVDの出品が続いてる。

うーん
この流れで日本語版もついでに出てくれそうな気がちょっとしたりしなかったりなんだけど、声優がお笑いのオセロ(解散済み)だというのがネックなのかなとか。

リージョンフリーのプレイヤーとあわせて買うかー?とか考えてみていたら

ken2「え? うちに海外用プレイヤーあるよ」

あんのかよ!!
なんかこのパターン前にもあったーー!!!?
一瞬で購入を保留する理由が崩れてしまった。
ポチですよ ポチ。

今ちょっと円安で1ドル120円なのが惜しいけどなー。
だが日本のDVD価格とは比べようもなく安い(というか日本のが高すぎ!!)ので、送料入れても3600円だぜ!
やー 楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

久々にLDの出品キター!!

大阪の出品者からvol.9、vol.11、vol.12。3枚も!!
Photo

だが全部かぶってる巻だったっ。くっそう!!
それに10ドルは高いよー。海外向け価格か・・・。いまちょこっと円安だからな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/10/08

ルンペルシュテルツキンの薄い本が欲しくて悶えてる

ルンペ(ryていうかMr.ゴールドだが‼
突然何を言っているのかわからないだろうがアメリカドラマONCE UPON A TIMEだよ! 今NHKで第2シーズン放送中。
野山あをがドラマなんて? うん 自分にそんな選択肢はないところなんですが、年賀状でしかつながってないような旧友が これはお前好みだからぜひ見ろ と。なんかこのパターン以前にもあったぞ。仮面ライダー電王の時に。友人どもは私以上に私の好みを押さえてくる。

ドはまりだよバカヤロー。

どーしてくれんの。どうしてくれんのよ!
ゴールドさんとベルちゃんのベッドシーンが見たいよッ!
でも制作ディズニーだから望むべくもないよ‼
薄い本で飢えをしのぎたいよッ!
ディズニーじゃ手も足も出ねえよ!

とは言えファンフィクションは本国にいくらでも転がってるのでちょっと検索かけてみたら、むしろ数が膨大すぎてどこから攻めていいやら分からねえw
悔しいのは本国ではとっくに放送終了してるので旬じゃないこと。
あれ、なんかこの感じシルバサーファーの時でも味わったような…

語りたくてしょうがないけどもう遅いから寝る。

夢で見られたらいいのになーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/04

イモムシのガチャ。イモコレ!ではなく。

100円のやつ。駅前のおもちゃやにあった。
1409099758047228200
100円のクオリティがぷんぷんしてきますね!
キアゲハっぽい何かとかカバマダラ的な何かとかすでにミミズのようなモノとか・・・。

出てきたのはこれ。
Dsc06793
なんだろうか。タテハチョウ系といった感じだろうか・・・。体節が多く見えるが数はあっている。各節がくびれすぎているためにムカデのような印象をうけるもようである。
顔が犬だけどな(爆)
Dsc06795
おしりはちゃんとしてますね。
Dsc06796
原型師的にはこのパーティションラインの流れに注目したり。なるほど 一発で抜くわけね。
Dsc06798
さーてお楽しみの足ですよー。
以前のいもむしゴロゴロの件がありますからね、こいつも油断できませんよー? どうなってるかなー?
キタコレwwwww
Dsc06799
ゲラゲラゲラゲラ!
またなんかしらねーけどテキトーな足がついてんよこれ。いいわー 大好きだわー。
胸脚が4対に続けて腹脚が5対ある。
Dsc06801
微妙ではあるが胸脚と腹脚の造形に差がつけてあるのがニクイ! そのハンパなリアルさ、無駄すぎだぜ!!
さらに尾脚はちゃんと2節あけてある正確さ!
Dsc06800
この妙な真贋混ぜ込んだバランスがたまらないっっ。
だって考えてみて! 普通に考えて、一企業から原型を頼まれたとしてよ?なんの資料も集めずに原型作っちゃう? 画像をググればいくらでも集まるこのIT文明のなかで、それほどストイックに自分の中にあるイメージだけで仕上げてくるなんてその度胸すごくない?! だって普通答え合わせしちゃうでしょ? これでいいかなって思うでしょ?

それをしない。

それって菅野よう子が“ジャズなんて興味ないから知らないけどこんな感じの曲なんでしょ”ってでっちあげた名曲(カウボーイビバップ)みたいじゃん!!! すげえ!!!!(違)


イモムシフィギュアなんてね、1/1の土俵じゃいくらリアルに迫っても本物には敵わない 越えられない壁があるんよ。触感・色味もさることながら、本物には毛も生えてるわけだしね。
そこを攻めずに、あえて(かどうかは知らんけど)てきとうにそれっぽい感じに、しかし一見クオリティ高く仕上げてくるこの感じ!
超好きです。
虫ってのは その程度の関心であしらわれてるのがイチバン都合がいいんだと僕は思うんですよ。


さて この傾向なのにどうしてハバチの幼虫がラインナップされないのかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »