« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の記事

2014/06/22

【クモ】【ハエ】【スズムシ】放置飼いになってますが

カイコに比べて世話がかからないのであまり話題にしてませんが、アシダカグモもまだ飼ってます。
Dsc06424
もう老齢でそんなに元気じゃないですが、先日部屋にハエが舞い込んできたので捕獲して
Dsc06434
餌にしてやりました。
Dsc06436
なんか調べる気力もない蛾もつかまえたので、これはヤモリの餌にしました。
Dsc06439

スズムシも大きくなりましたよ。
Dsc06542
ただ、ヤモリとスズムシは同じケージに入れてあるので、足がとれてたり触角が切れてたりしてるのも多いです。
生き残ったヤツだけが成虫になるのだ(雑だなー)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/21

【カイコ】虎蚕 よく死ぬ

虎蚕が飼い易いとか思ったのはまったく嘘でした。
終齢で死亡率が高い。現時点で1割くらい死んでる。
病気なのかストレスなのか、急に死にはじめたなあ。生桑が合わないのかもしれないです。雑に飼ってますんで。桑も排ガスかぶってるようなやつだし。
まあそれでもまだこれだけいるわけですが。
Dsc06534

暗色蚕は全部繭になりました。
一匹だけ羽化してたのでクモの餌。
Dsc06538
黒縞もみんな繭になりました。
Dsc06539

冷蔵保存しておいた3齢幼虫は、復帰させたら脱皮が揃った。当たり前か。
Dsc06537
暗色蚕も2匹だけ別口。餌用。

しかしこの虎蚕の繭ときたら、すっげー黄色ー!!
Dsc06532
超鮮やか!
さすが観賞用に売られてる品種なだけあって、エンタテインメント性が素晴らしいわ。原蚕じゃなくF1っぽいな。
クワコも繭は黄色いんですが、比じゃない。
Dsc06540
クワコはあんましちゃんと丸い繭にはならないです。
自然界では葉っぱをつづって隙間に作る感じの。
Dsc06541


毎年カイコ飼ってるからたまに変な繭に作るやつがいるけど、これはまた面白いのが出たわー。
Dsc06420
オープンコクーン。
Dsc06421
なんかきれいだね。
Dsc06422

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富岡製糸場の世界遺産化余波のせいで

丸エイ食品「かいこの王国」が爆売れ中ー。
Autoeiw9r6_2

小松屋本店のかぶと虫の幼虫チョコレートにくらべてインパクトはおとなしいと思うけど、そうでもないのかな。
74090290_1

一般的にはどうなの。
幼虫型のお菓子ってどっちもどっちですか?

蜂の家の「まゆ最中」は超普通だよね?
なんの虫感もないよね?ただ繭の質感が素晴らしい再現度。
1

湖月庵の「きぬのまゆ玉」にいたっては、虫要素なさすぎてわたし逆ギレしそうですよ。

Mayudama

どれもamazonではないのでここで紹介してもいっこもアフィリエイト収入につながらんわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/17

【カイコ】【クワコ】【ハエ】虎蚕は特に成長早くもなかった

暗色蚕も黒縞もほぼ営繭済みですが、虎蚕だけいま終齢です。食欲もそんなに激しくなくて、飼い易いかも。
終齢は生桑で育てるよー。
暗色蚕
Dsc06501
黒縞
Dsc06503
虎蚕
Dsc06504
クワコ
Dsc06515
クワコは例の一匹死にました。
忘れ形見の寄生ウジ。
Dsc06498
最終的に9匹出てきましたよ。そりゃ死ぬわ。
Dsc06523

多すぎた黒縞を冷蔵庫で保管する試み。
飲まず食わずでかれこれ半月だがまだ生きてる。そろそろ育ててやる余裕ができたので出してもいいけど、このまま何日もつのかも気になるところ・・・。
Dsc06508


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【WF2014夏】ヤミノリウスⅢ世 顔の修正

耳の位置おかしかったので落として、額の高さがアニメっぽくないので平たくして、頬骨の隆線を下げて・・etc.
Dsc06517
顎を盛ったり鼻を盛ったり
Dsc06518
口も変えた。修正っていうか、もう一から作った方が良かったんじゃねー。
Dsc06520
目つき変更。
Dsc06522
うーん あと0.2ミリくらい目が大きくないとなぁ。
まだ一息足りない。

横からだとすげーお面顔です(鬱
Dsc06521

ゴオマは立体だったから突き詰めればどんどん似たけど、二次元の嘘は突き詰めると破綻するのがもどかしー! やっぱ平面の立体化は格段に難しいなあ。
いや、歯型彫刻も別格難しいですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/10

クワコが寄生バエ入りだったーー(´Д`)

なんか一匹動きがおかしいなあとは思ってたんだが。
まさかクワコにもハエが寄生するとは知らなんだ。
今朝、ウジと蛹がこつ然と現れてて。3匹。
ヤモリの餌にちょうどいいけど。
もーーー
このクワコ 成虫にはならないかなあー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/07

日本の養蚕業はペット業界に進出すべきだった!

私が昆虫学研究室で学生していた20年前、すでに衰退の一途の養蚕業の生きる道は製糸業からの脱却だと、繭を糸としてではなくタンパク質として利用する方法が画策されていました。
シルクプロテイン配合の化粧品とかシャンプーとか、そこそこ流通してるでしょ。
製糸のほうは製糸のほうで、野蚕(エリサンやサクサンといったカイコとは別種の蛾たち)の糸で風合いの違う織物を作るとか、いろいろしてました。
クリキュラっていう黄金色の繭を作る蛾が注目されてた。
1

だけど現在 ほんとにオワコン。

どうしてこうなった。
↓高原社さんの蚕種業者の動向より
2
4!
もう絶滅寸前だよ!!
私がお世話になった蚕種業者さんももはや・・・だよ!

製糸業法・蚕糸業法が平成10年に廃止された影響もありましょう。
それまで法律で禁止されていましたが、今や蚕は誰でも自由に殖やして売ってよくなった。
だから私も飼ってるし、ヤフオクでも餌用カイコ(シルクワーム)を売ってる個人がいるようになった。

ああ あの頃餌用カイコの需要に気付くべきだったか!

もうね、カイコの品種改良は製糸業に特化して、しつくされて、いかに早く成長しいかに多く糸を吐くかという品種が今に至ってるわけよ。
栄養価の高い品種なんて誰も着目してこなかった!
栄養があって幼虫期が長く、餌が少なくてすむ、そんなカイコを開発するプロジェクトを始めていれば、蚕種業もなんか商機あったんじゃないのかなあ。

あとね、虫自体をペットとして飼うことが日本に根付かなかったのが残念でなりませんよ。
海外では黒縞や虎蚕がペットとして売られてます。
日本じゃもう、以前入手できた先もなくなってしまって今や研究機関にかけあうしかない。

ニワトリは精肉用と観賞用に改良が別に進むことができた。
カイコも観賞用が開発されてもよかったんじゃないのかー!!
悔やまれる!
むにむに愛好者としてじつに悔やまれるっ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【カイコ】【クワコ】4種盛り!

4〜終齢になりまして賑やかな見た目になりました!
Dsc06483
30匹くらい間引いたんですが、ぜんぜん減った気がしない。
虎蚕は成長早いって触れ込みだったけど、ちっともだよー!
暗色蚕がやっぱ早いです!倍くらいもうでかい!
Dsc06487
まあ大きくならないで終齢の期間が短いとかいうタイプもあるから分かんないですけどね。
希望としては3-4齢が長くて終齢が短いのが飼い易くていいなあ。

先週捕まえたクワコは生葉で育ててるので別にしてます。
Dsc06489
暗色蚕とぱっとみ見分けつかないし!
Dsc06490
上が暗色蚕、下がクワコ。
Dsc06491
まあ混ざっても終齢のサイズも繭もぜんぜん違うから、そのうちわかるけどねー。
しかも脚力が違うので壁が登れるし。カイコにはこんな芸当できません。
Dsc06492

それから今回、暗色蚕に姫蚕がでた。
Dsc06494
まじ突然変異ー!
ふーむ、飼ってりゃたまに出るのか 姫。姫蚕だけで系統分けなくてもすむならそれに越したことはないんだけど。
Dsc06495
Dsc06496

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【WF2014夏】ヤミノリウスⅢ世 版権おりました

超残業で12時まわっちゃったーーー
作るのヘタクソすぎて終わらないのーー!
研磨も下手くそすぎてやり直し3回
手がぷるぷるしてきてたもん。
土日は休む!
絶対仕事に行かない‼
そのために今日絶対仕上げるうう!!

って 帰ってきてみれば
土日は原型作業確定だったよ。
やること変わんねーじゃん。同じじゃん‼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/01

【虫いろいろ】大洗に行ってきて今回も超楽しかった

前回はお泊まりだったのに酔い止めの薬の副作用で終始ぐーったりだったので、今回は挽回したよ〜!
Dsc06459
ガルパンの聖地巡礼から大洗町自体の魅力にハマってくるのです。楽しい町だなあ!
Dsc06470
イメージキャラクタ−のアライッペにひと目惚れした!!
Dsc06474
昨秋に生まれたキャラらしい。ちゃんと後ろ側の設定もある。
1
ニョロニョロみたいな触手的な毛(?)は大洗特産のシラスなんだって!口はハマグリ。悪魔的な尻尾は潮干狩りの熊手だって。ぬいぐるみ欲しかったが手に入らなかった。
アライッペ推しのシラス丼食った!
Dsc06463
生シラスだと白さのイメージ違うが…。でも超うまかったなあ!
Dsc06464
目玉の岩牡蠣!これを食べにきたんだっぺ!おっきい〜!!うまし〜!!
Dsc06462

海ではイソギンチャクつついてみたり。
Dsc06461
磯前神社では連れをほったらかして虫探しをする。
さっそくウメエダシャクがいた。
140531_135502
サクラには定番のオビカレハ。
なんかピンぼけしちゃったけど若齢だし面白くないからいいや。
140531_141501
オビカレハの終齢は、赤と青のカラーリングだけど派手すぎず落ち着いた色みで、マイマイガと違ってしとやかさがあるよ。

マイマイガは若齢でもこのとおり派手である。
Dsc06456
神社と言えばアリジゴクだよねー!
140531_140601
母はチョコチョコボウシと呼んだりしてたけど、いまだググっても自分の記事しか出てこない罠。
140531_141101

カナヘビもいたー!
Ca3i0520
ナナフシがいっぱい!
Dsc06465
Dsc06466
桑の木がいっぱいあったから、クワコいないかなあと思って見てみたところあっさり発見!
Dsc06468
ちょうどうちのカイコたちと同じくらいの齢だから捕まえてきた!また飼う!

これがなんだか分からなくて撮ってきた。梅の枝にオナモミの実みたいなのがカイガラムシみたいにいっぱい。
蛹だというのは分かるんだけど、なんか背中の割れ具合からしてテントウムシっぽい感じだな。
140531_141802
今調べたらアカボシテントウだってさー。
カイガラムシじゃなくてカイガラムシを食べるほうだったよ(笑)

帰りには温泉潮騒の湯に浸かってゆったりゆったり。
0301oyasio
満足だった〜〜!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »