« BUCK-TICKを聞くようになると現実逃避も極まりである | トップページ | 【トレフェスin有明10】卓番です »

2013/12/08

かぐや姫の物語見てきた。が、市川崑監督の竹取物語を話すぜ

姫の犯した罪と罰ーーー。
新解釈で切り込んだのか思いきや竹取物語完全版かという忠実さだったのでちょっと拍子抜けしたけど、竹取物語は大好きなのでぜんぜん構わない。
Dsc05890
この昔話再現のためにこの画風と丁寧すぎる描写で、ここまで膨大な費用を費やして一本仕立てられるというのは、そこはさすがジブリというか。ジブリ以外にこんな道楽はできまいと思いました。褒めてません感心してます。

さて劇場版竹取物語といえばやはり市川崑監督のこれ!
Dsc05884
当時の自分は中学生になったばかり。美しい平安絵巻の映像に胸躍らされた作品です!
Dsc05889
宮廷の雅やかさ、十二単の華やかな装い。お姫様にあこがれない女の子なんていません!
これのおかげで原典も読んでみたし、絵本じゃないかぐや姫のお話を全部知った。子供のころ読んだから竹取物語にはすごく思い入れがある。古典の教科書にもちょうど載ってたから特に覚えてる。

それで、私はこの物語のラストの富士山で不死の薬を焼き捨てるシーンがこの上なく胸にきゅうっとして、絵本でもこの映画「竹取物語」でも、触れられていないのがとっても残念に思いながら今に至るなのね。
 あふことも涙に浮かぶわが身には 死なぬ薬も何にかはせむ
かぐや姫のいない世界で不死になったとて何の意味があろうかと、帝が詠んだ歌。
超クるじゃん!今でも胸アツだよっ!!
デジモン02でもマミーモンが「アルケニモンのいない世界に生きたって意味がない」って散ってったよなぁーーって、胸アツ胸アツ・・・(涙)
とにかく、最初「帝の命令に背く不届きものというならわたしを殺すがいい」なんて言ってのけた姫が、別れの日には記憶をなくす前に帝に形見を遺していくんですもの。切ないじゃないですか。
んなもんだから富士山頂から煙ののぼるラストシーンは私的に絶対カットできないものなのですが、今回の高畑監督版にもなかったわコンチクショウ。

あと、迎えの使者を待たしても手紙を書き置きする姫の、悲嘆を超えた諦観の様子も泣けると思うんだけど それもどっちも映像化してくれてないんだよねぇ。

その時にかぐや姫、「しばし待て」と言ふ。「衣きせつる人は心異になるなりと言ふ。もの一言いひおくべき事ありけり」と言ひて文書く。天人、「遅し」と心もとながり給ふ。かぐや姫、「もの知らぬことなのたまひそ」とて、いみじく静かに、朝廷に御文奉り給ふ。あわてぬさまなり。

せかす使者と落ち着き払った姫の対比が、姫に高貴なる身分の気品といった印象を与えてるシーンだと思うのよね。
映像としては、月の迎えが来て二千の兵士が打ち伏せられてまさに姫が連れ去られんというクライマックスに、「ちょっち待って今から手紙書くわー」ではテンポ悪くなっちゃうのは分かるんですけど。そこをなんとか入れて欲しい。入れて欲しかった。

「人間の真ごころ、忘れません」
Dsc05885
テンポとしては迎えが来てこのタイミングで去って行くのが見栄えなんですよね。わかります。
Dsc05888

ええ。市川崑監督の竹取物語の売りのひとつ、宇宙船です。UFOです。
挑戦的な試みだったと思いますよ。
今では珍しくもない解釈でしょうが、当時はばかばかしい設定をこんな大布陣で本気に作ってやったぜ!的な感じだったかな。
Dsc05886
懐かしい。
サウンドトラックがCD・LP・CT同時発売って書いてある。お若い方には何の略称だか分からないんじゃないかとw
CD、レコード、カセットテープってことですよー。

そういえば帝に抱きつかれた姫が実体を消してしまうという描写は、市川崑監督のほうには出てこなかった気がする。高畑監督のかぐや姫の物語には出てきた。イメージ通りでかなりここは良かった!

かぐや姫 好きだ。
月の民の冷酷さもあるくらいの作品が欲しいですけど、おおむね何でもおいしいです!

YAIBAのかぐや様も別格に素敵ですよーー!!
Dsc05891
姫殿ーーー!

|

« BUCK-TICKを聞くようになると現実逃避も極まりである | トップページ | 【トレフェスin有明10】卓番です »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

『YAIBA』、懐かしい!(゜o゜;)

リアルタイムでアニメで見てましたから、「かぐや姫」編までしか見てなかったけど、よく見てました。(特に「龍の玉」編は今でもよく覚えている)

かぐや姫の真の姿(龍の姿)で衝撃受けた思い出が……sweat02

後、同作者作品の『コナン』でもネタが出たりしますよね。

個人的に、今では某ゲームの方のかぐや姫が思い浮かびますが。

投稿: | 2013/12/08 18:14

すみません……。
前のコメント、名前忘れてました(゜ロ゜;)

投稿: 青丹 | 2013/12/08 18:16

名前は必須ではないので、忘れたらそのままでいいですよ。名無しでちゃんと載ります。

投稿: 野山あを | 2013/12/13 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20256/58719755

この記事へのトラックバック一覧です: かぐや姫の物語見てきた。が、市川崑監督の竹取物語を話すぜ:

« BUCK-TICKを聞くようになると現実逃避も極まりである | トップページ | 【トレフェスin有明10】卓番です »