« 一条ぉ〜〜 いーちじょおぉぉぅ〜 | トップページ | シャネルの5番という選択肢がないとは »

2011/09/15

カオスジャパンのwebページってないの?

結論→ここ

 
相変わらずギャラクタ独走ですが、カオスジャパンが半年で3倍にもアクセス増えた。
一記事しか書いてないのに人が来るってことは、ネット上に情報がぜんぜんないってことだろぅ・・・。
1
ヤモリの卵は定番不動の地位でわかるけど、ゴキブリ関係多すぎるだろww
そんなにゴキブれてるかここ!! そんなにか?!
戦国乙女は1ミリも関連情報ありません!お館様が欲しいとつぶやいただけですんで!!
ダンボール戦機もすいません、パチ組みしかしてませんから!
そしてグリフィス 拷問 ってどういうことですか?
なんかじわじわと順位を上げてきてTOP10入りですよ!どういうことなの。これも一記事だけなのに!
さすがズタズタ再起不能姿がフィギュア化されてるだけはあるですねグリフィス・・・。恐るべき需要。虐待萌え仲間がいるってことでおk!?
わたくし、頬の肉が剥がれて奥歯がむき出しに見える横顔とかってすげーいいと思(ry

というわけでブログの実態と検索頻度がそぐわってない事態を是正をするため、実質2位のカオスジャパンの記事の充実をはかろうと思います!
前記事は「代行業 カオスジャパンについて語る」
Shopping Mall Japanで日本のヤフオクに入札を行うと出品者からはカオスジャパンからの入札として見えるということはお知らせしたとおり。
じゃあこのShopping Mall Japanって何なの?

どうやらこの代行サービスはNicklas Dombkowskiさんがはじめたものらしいです。
アニメカオス
1994年にコミックやスターウォーズグッズなんかを地元で売ってたのが初めだけど、1996年に日本アニメに惹かれて個人的にセル画を集めたりしてコミックからだんだん遠のいたらしい。1977年には公式に「Anime Chaos」っていう名前でアニメセル画のWeb店舗を開いたらこれが当たって、1999年に独自にanimechaos.comを設立し、アニメ・セル画の専門サイトを立ち上げることになったんだって。
スタートは垢抜けないデザインで使いにくいページだったらしいけど、それでも好調に進んだようです。

2002年まではセル画販売が主だったところ、その年の12月に代行業に挑戦してみることに。ヤフージャパンオークションのDVDやら玩具やらゲームやらなんでも輸入できるAnime Chaos Deputy Service(アニメカオス代行サービス)ってやつを始めてみたところ、予想以上の反響で急成長。代行サービスのほうだけを独立させてShopping Mall Japanがスタートした・・・。これが2004年だって。

なので我々が目にしはじめた"業者の入札"ってやつはこの時始まったんだと思う。
たぶん先駆け。
 

見た感じ個人の趣味が高じて大成長という雰囲気ですね。当初は個人輸入に毛が生えたようなものだったのかも。取り扱いアイテム数が尋常でなくなって日本の拠点を法人化して「有限会社カオスジャパン」が生まれたのかなーと勝手に想像してます。
私がこれを知った半年前からもう日進月歩でwebページが進化してますもん。久しぶりにサイトアクセスしたら多言語翻訳機能やら為替のレートが出るようになっててびっくりよ。見る度に新機能が増えてるよ。
 

そして母体だったAnime Chaosはほとんど需要を失ってShopping Mall Japan発足とほぼ同時に閉鎖。2006年まで活動休止していたものの、やはり思い入れがあってか残しておきたい気持ちが「個人的アニメ画廊」という形での存続を決めたということです。
なので今のAnime Chaosページは当時の名残りみたいな形になってる。
 

Shopping Mall Japanで開示されているの日本オフィスと、有限会社カオスジャパンの住所が同じなので、同社は同一業者と結論づけられます。

〒111-0034 東京都 台東区 雷門1-7-5 田原町グリーンハイツ 402

に事務所があります。


こんな記事で役に立てたかなー?

|

« 一条ぉ〜〜 いーちじょおぉぉぅ〜 | トップページ | シャネルの5番という選択肢がないとは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20256/52735459

この記事へのトラックバック一覧です: カオスジャパンのwebページってないの?:

« 一条ぉ〜〜 いーちじょおぉぉぅ〜 | トップページ | シャネルの5番という選択肢がないとは »