« 静岡から帰ってきましたー | トップページ | 静岡ガンダム ラストレポート »

2011/01/04

「あの日のことを?」 トロン・レガシー字幕版見てきた。

戸田奈津子節健在!と思わざるを得ない翻訳にびっくりしましたーっ!
洋画久しぶりだったし、なーんも気にせず見に行ったのだけど、途中で『うわ、戸田さんだ!』と意識させられるこの個性。だいぶ落ち着いたと聞いていたのにまだこれほどのパワーがあるかと…。
字幕から訳者が透けて見えるというのはすごいことだと思いますが、なんのことか分かんない訳にするのはやっぱり鑑賞者の利益になってないと思いますっ。見てて面白いけど。


画面の美しさに感服しきりです。
表現してと言われてできる世界ではないし、どの部分のデザインにおいても思い描くことすらできないもの。たとえ頭に浮かんだとしてもそれを制作者に伝えようもないものを、これは一体全体どう説明して画面にしていったのだろうと、ただただすごいと思いました。
ここがこーなってあーなってって誰が指示するの?誰の頭に入ってるの?どうなってんのかまったくもって私の考え及ばない世界でした。

ストーリーは見どころなかったけど・・・。
感情移入できるキャラがいなかったな。トロンくんがもっと生きててくれないとさみしい…。キャラたってないまま退場したよ(涙) 冠タイトルなのに・・・。

むしろ前作が見たい。

|

« 静岡から帰ってきましたー | トップページ | 静岡ガンダム ラストレポート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20256/50493912

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの日のことを?」 トロン・レガシー字幕版見てきた。:

« 静岡から帰ってきましたー | トップページ | 静岡ガンダム ラストレポート »