« オールライダー三回目 | トップページ | 映画「アバター」がサトームセンを連想させる件 »

2009/09/15

らっ、らぁ〜

3週連続ガンダム30周年リバイバル上映を観て、お台場へ真夜中行って。てつをツアーで知り合った方も単にご近所だというだけで巻き込んで、充実したヲタライフを送っております。

「めぐりあい宇宙」
ムサイを軽々と撃沈させるガンダム、リックドムが次々落とされて行くさまに今更ながら『ガンダムって強い!』と改めて認識させられました。
いやかっこいい。
後出のなんだか超高出力をぶっぱなすガンダムの強さとは違うかっこよさなんだなぁー。

ひととおり見て知っているはずだったけど、かっこよさを知識ではなく生身で体感したのは初めて。本当のガンダムの魅力、知らなかったんだなぁ。
これが、当時の男の子を夢中にさせたんだなあ なんて。
くやしいけど私はリアルタイムでは見てないですから…。


そして驚いたことに主題歌「めぐりあい」が、オリジナルよりも閣下カバー版(ここで試聴可。)の方が私にはもうなじんでしまっていたことが発覚ぅ。
最初 閣下版聞いたときはぜんぜんなじめなかったのに、いまや逆転現象。あれー

主題歌といえば、「砂の十字架」がものすごく好きです。当時テレビにカセットテープをひっ付けて録音したのが残っていて、大変聞き込んだものなのですが、なぜか、私の中では長いこと「銀河探査2100年 ボーダープラネット」のEDということになっていました。不思議です、どこでどう入れ違ったのか・・・。たまたまボーダープラネットの後に録音されてたから思い込んだのでしょうか。後年、劇場版ガンダムを見て衝撃を受けることに。
フルコーラスでとってあるんです。

「哀戦士」を聞くと高校のときの思い出。先輩の撮った自主制作8ミリフィルム(ビデオではない!)作品のBGMに使われてて、それを思い出します。

リアルタイムじゃなくても、それなりに懐かしい思い出があるもんです・・・。

|

« オールライダー三回目 | トップページ | 映画「アバター」がサトームセンを連想させる件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20256/46222825

この記事へのトラックバック一覧です: らっ、らぁ〜:

« オールライダー三回目 | トップページ | 映画「アバター」がサトームセンを連想させる件 »