« Wii | トップページ | 電王 すげーじゃん »

2007/03/13

Loop the sheep!

落語に飽きたので通勤中はBUCK-TICKを聞いてます。「細胞具ドリー・ソラミミ・PHANTOM」が一時マイブームに。急に曲中のフレーズが思い出されて、職場のスクリーンセーバー(伝言板)をそれにしたほど。
第一印象は「ドリーが1匹、ドリーが2匹・・・」というのが、なんかかわいいイメージで残ったのですが、一年くらい聞いてたら「一度生まれ、一度死ぬ。たった一度、一度死ぬ」が胸に残って。深いです。

そんなんで例によってリピートで延々と聞き込みました。ちゃんと内容を知ろうと。
まあ題してドリーですから、かの体細胞クローン羊が題材なのは明らかではある。複製されるたくさんのニセモノたちにオリジナルの存在が呑まれ消えそうな。自分は何者?的な内容だと理解しました。でも なんかタイトルの ソラミミ が分からなかった。そして PHANTOM 。途中の「うなるPHANTOM」がとっても気になっていた。かっこいい歌いなんだけどなんだっけファントムって? オペラ座の怪人じゃーないよ。亡霊とか幽霊とか一般名詞じゃなくて、なんか「へー そう言うんだ」的なことを昔聞いたことがあったはず…。が、不明。
まあいいや、と 半月ほどそれがわからないまま聞いていましたが、ぼけーっと聞いてたら突然思い出したり。
ハウリングのことか!
そうだ。スピーカーから出た音をマイクがもう一度拾ってしまって、またスピーカーから出てくる。オリジナルではない虚の音がファントムだよ。それがエンドレスになって増幅されてハウリング(うなる)なら、おお、歌の主題と一致したじゃーないか。

合わせ鏡は無限の果てに吸い込まれて消えてゆくかんじだけど、ハウリングはとんどん大きく増幅されてゆくかんじで、しかもオリジナルが失われても存在が続いていくよね。どんどん劣化していながら勢力だけは大きく。

イメージ広がってますます好きになりました。

|

« Wii | トップページ | 電王 すげーじゃん »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20256/14249780

この記事へのトラックバック一覧です: Loop the sheep!:

« Wii | トップページ | 電王 すげーじゃん »