« 胃がいたーい | トップページ | 曲名がわかったわけだが »

2006/12/21

ドリアン・グレイの肖像

菊地秀行の「青春鬼」を(いまさらやっと)読み終わりました。何年越しだよと(笑)
1巻だけ当時読んでそのまま・・・4年? 2巻から読みましたが全く何の話か分からず、結局1巻から読み直し。久々に菊地節に触れて懐かしいやらー。魔界都市シリーズは自分の青春でしたねー。かー こんな高校生イヤだなぁ。

続いてなにか読みたくなったので先週図書館行ったです。
京極夏彦の「狂骨の夢」を借りようとしたのだけれど、貸し出し中でなかったorz
宮部みゆきの「クロスファイア」にしようかとも思ったけれど、どうも私の趣味じゃないように思えてあてもなくうろうろ。

そんで「ドリアン・グレイの肖像」(オスカー・ワイルド)に目が止まりました。自分の代わりに絵が年を取ってゆく怪人(?)の話です。「リーグ・オブ・レジェンド」
リーグ・オブ・レジェンド
で見て初めて知ったのですが、オスカー・ワイルドの作だったとは…。「サロメ」は持ってる。
岩波と新潮と並んで置いてあったので、どっちにしようかと思ったけど、両方比べ読みすることにした。

新潮はいかにも古典って感じの装丁で、字が小さく詰まってて文学くさーい見た目。本そのものも古くて紙が黄ばんでます。岩波はあか抜けたデザインの表紙で、活字も今風で見た目読みやすいです。
しかし訳はどっちも40年前のままでやんの。
岩波の方が文体がやわらかで、訳注も巻末について読み手にやさしいですが、ときどき訳が破綻してて意味不明になる。でも新潮は文が固い。漢字も難しいし。漢検準一級の勉強が役に立つですよ。

まだまだ話は序盤です。2冊同時に読むのは結構めんどくさいです。

|

« 胃がいたーい | トップページ | 曲名がわかったわけだが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20256/13153084

この記事へのトラックバック一覧です: ドリアン・グレイの肖像:

« 胃がいたーい | トップページ | 曲名がわかったわけだが »