« のののののたうちまわる〜 | トップページ | 世界は輝きを失ってしまった »

2006/09/08

「不当にあなたに傾いた天秤を

たださせていただく。」
by芦川美鶴

どんな小学生がこんなクチきくのよ(笑)
この捨て台詞、ハリー・ポッターでも言えませんわ。
いやもう美鶴がよろしくてよ。<ブレイブストーリー
みっちゃん!みっちゃん!(AA略)

前編があんだけ長いんだから後日談がもっと欲しいですのに、ほんとにもう尻切れな感じです。
亘が成人するくらいまで書いてほしいですわ。実際に家庭を持ってみて、父のことをどう感じるかとか、不倫に対しての心情の変化とか。

ラストシーンをもう一度と、先日本屋で立ち読みしたら、自分の記憶がかなり間違っていたので驚いた(笑)
美鶴の妹って二歳だったかよ!とか。六-七歳くらいかと思ってた。
これって間男との子供、ってことを意味してるの・・・かね?美鶴とは父親が違うわけか?燃えるシチュエーションですね。
あとねもう一度読みたいくだりがあるのにどこなのか分からずじまいでくやしい。

|

« のののののたうちまわる〜 | トップページ | 世界は輝きを失ってしまった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20256/11814504

この記事へのトラックバック一覧です: 「不当にあなたに傾いた天秤を:

« のののののたうちまわる〜 | トップページ | 世界は輝きを失ってしまった »