« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の記事

2006/09/21

あー・・・ぬるいねー・・・

Devil May Cry 3
へたれモードでやっておきながらいうのもナンだけど、つまりませんよこんなアクション。ジャンプ!連打!斬ってよけて舞え!!が皆無です。ごり押しだけで進めてます。悲しいですね。
でもストーリー自体も燃えません。萌えもしません。だってバージルがバカです。この程度ですか(泣) もっとキャラを練ってください、しくしく。ボスキャラも薄いです。ピエロだけが一人勝ちです。
00034
えー名前なんていったけか。かわいいですよ。
00033
あ、ジェスターっていうのね。かわいいわね。賢いコは大好きよ。

ところでダンテの新武器がギター(!)です(爆)
00025
00029
観客いませんがいきなりオン・ステージ。のりのりです。どうしようなくバカらしいです。笑えました。
悪魔のギタリスト、本来なら聖飢魔Ⅱを思うべきところなんですが、まったくもって印象が仮面ライダーの音撃戦士です。

轟鬼

これにしか見えない(笑)
ああ、もう、ステキ。


| | トラックバック (0)

2006/09/20

Dante, Vergil, Happy Birthday!

Devil May Cry 3 を今更ながらにプレイしております。
昼休みに発売を知って、その足で飛んで買いにいったというのにまったく置きゲーでした。
2面で死んだorz
ちょw っていうか自分の腕鈍りまくりですか。悔しいですが先を急ぎたいのでへたれ全開easy モードでやることにしました。もうぜんぜん美しくないです。悲しいです。バカ斬りとバカ撃ちしか(泣)
途中、斬りの華麗さで壊せる像があるのですがどーーしてもSSランクのぎりぎりのとこまでしか行きません。泣けます。このアイテムはあきらめます。

さてバージル戦でした。
私はダンテの方がお兄ちゃんだったと思い込んでいたのですが逆ですか。そうですか。まあ双子なんだからどっちでもいいか。つーかバージル、こんなキャラなのかよ・・・と。「おてんば兄さんの世話に手を焼く優等生」というイメージが勝手に出来てた自分にはかなりのギャップ。しかもダンテよりも「人間」側だという印象があったんだよなー、1作目の感じでは。
1作目ですでに生き別れだったバージルがボスキャラとは、パラレルワールドかと思ってましたがどうやら過去のお話?のようです。
ダンテがまだデビルトリガーが発動してないころ、ということらしい。

いまいちおもしろくないです。

| | トラックバック (0)

2006/09/15

世界は輝きを失ってしまった

毎日ツマンネ

仕事したくね
家にもいたくね

なーーんも。

| | トラックバック (0)

2006/09/08

「不当にあなたに傾いた天秤を

たださせていただく。」
by芦川美鶴

どんな小学生がこんなクチきくのよ(笑)
この捨て台詞、ハリー・ポッターでも言えませんわ。
いやもう美鶴がよろしくてよ。<ブレイブストーリー
みっちゃん!みっちゃん!(AA略)

前編があんだけ長いんだから後日談がもっと欲しいですのに、ほんとにもう尻切れな感じです。
亘が成人するくらいまで書いてほしいですわ。実際に家庭を持ってみて、父のことをどう感じるかとか、不倫に対しての心情の変化とか。

ラストシーンをもう一度と、先日本屋で立ち読みしたら、自分の記憶がかなり間違っていたので驚いた(笑)
美鶴の妹って二歳だったかよ!とか。六-七歳くらいかと思ってた。
これって間男との子供、ってことを意味してるの・・・かね?美鶴とは父親が違うわけか?燃えるシチュエーションですね。
あとねもう一度読みたいくだりがあるのにどこなのか分からずじまいでくやしい。

| | トラックバック (0)

のののののたうちまわる〜

「鬼」by聖飢魔Ⅱ

つーか、シモフリスズメは口から泡吹いてばたばたごろごろしております。
体液が染みでてしわに汚れが茶色くなっています。
そもそも、ken2が「落ちてきたので拾った」という状況。そのときはまだ寄生跡も新しかったので、おそらくハエに刺されて落っこちてきたのでしょう。
せっかくエサをとってきたのにほとんど食べずに今は蛹化前のようになっておりますです。

そういえば以前のシモフリもしわが汚れていて、撮影前に拭いてあげたんだっけ。
あー、こういうことだったんだなーと 今になってよくわかる。


ハエを育てる気はないっつってんのに。

| | トラックバック (0)

2006/09/06

再び スズメガ

ken2がスズメガの幼虫を持ってきました。
Dsc03970
見覚えがあるのに思い出せない、こいつはなんだっけ? 何を食べるんだっけ?
Dsc03980
首のところの顆粒が特徴のこいつ、なんだっけなんだっけ。コスズメじゃないしコエビガラスズメじゃないしキイロスズメ?チガウ。確かに捕まえたことがあるのに、思い出せない、なんだっけ?

今まで撮ってあった画像を引っ張りだして照らし合わせてみる。
虫だけじゃないけど400MB分もあった。未整理の虫画像の膨大さにくらくらした。いつUPするんだ・・・?

で、見つかりました。
嗚呼、こいつか・・・。あの、大量のハエとなってしまったシモフリスズメ(エビガラスズメだと思ったのはまちがいでした)です。
しかもこいつもまた寄生痕が5箇所・・・。
ハエを育てるつもりはないんですけど。


| | トラックバック (0)

2006/09/05

晴れて愛ある太陽の下でー

アンバサ試飲、
what a shame man!


アンバサはまだ売られているそうです。
隠れ人気高し。
けっこうファンが根強い。

| | トラックバック (0)

2006/09/04

深く、もっと深く オレはけがれてゆく

「楽園」に替わりまして「残骸」がブームです。<BUCK-TICK
「楽園」の連続再生記録には及ばないけど、毎日聞いています。
渇望するような歌いが好きです。
題名が分かってようやく聴きたい曲がちゃんと狙って聴けるようになった。
♪オレはもう 夢見ない 明日が来ることを
あ、そんな歌詞だったんだ、と 最近知った。

| | トラックバック (0)

2006/09/02

美鶴が死んでしまった・・・

ぐ・・・。
せっかく卵から飼う第二弾のクモになるところだったのに、だめでした。

だってこのへんエサがいないんだもん…。
土地がちがうとこうも環境が変わるんだねえ。
虫がいないところに住むのはつくづく寂しいです。
ヤモリとかぜんぜんいなそう・・・。

| | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »