« キイロスズメ羽化 | トップページ | 乙女の祈り »

2005/09/17

真実を知るには ここにいても見えない

ガンダムシードデスティニーをやっとはじめて見たのです。
ポカーンだったのですが、セリフに「テロメアが短いんだ」と出てきました。唐突に、学生時代を思い出し、イントロンの意味を知りたいと焦がれたあのころが懐かしく…。つい先月、イントロンに機能を発見したという新聞記事があって胸躍ったのですが。

テロメアの発見もほんと最近のことでした。私が現役で遺伝子工学を学んでいた時にはまだクローンは完全な複製になり得ると思われていて。テロメアは遺伝子が持つ記憶みたいなものです。自分が何回分裂したかを記録しているっていうか。複製されるたびに短くなって、老いていく。体細胞クローンは成長した個体から情報を移すので既にテロメアが短く、そこから発生させたクローン個体は理論上オリジナルの個体の残寿命しか自分を保持出来ないのだと。
無限に自己を複製し生き続けることは否定されたと報じられたあの衝撃…。驚いた。驚いた。あの新聞記事はまだ持っていると思う。

高校時代、演劇を通じて「イントロンの意味」を問いかけられたのが私の進路決定に大きく関わっています。イントロンはDNAの塩基配列の中でRNAに転写されても蛋白を合成しない情報列の部分。なぜ捨てられるだけの情報がDNAに含まれているのか。『イントロンが無意味だと・・・?』このセリフは強烈に私の中に生きています。授業で、教科書で、イントロンには意味がないと学ぶたびに『(進化の)階段を登れなかったものたちの叫びだ』という言葉をかみしめて、遺伝工学にものすごく惹かれたのでした。

実際、学力は足りなくて、記念受講みたいな形でしかDNA分析にはたずさわれなかったのだけれど。
自分の手で知りたかった、イントロンになにが書かれているのか。
今のこの遺伝子工学の発展に自分が関わっていない。手を伸ばしてついえた自分の夢に涙がこぼれます。
こんなに悲しい、切ない・・・。

願わくば、自分の生きているうちに


真実が知りたい

|

« キイロスズメ羽化 | トップページ | 乙女の祈り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20256/5988351

この記事へのトラックバック一覧です: 真実を知るには ここにいても見えない:

« キイロスズメ羽化 | トップページ | 乙女の祈り »