« 抽選なのか本当に | トップページ | 姑獲鳥の夏だ »

2005/08/01

脱皮現場にジャストミート

ふと見るとチビスケが糸にぷらーんとぶら下がっていた。
DSC03527
おっ! 脱皮か!
写真に撮りやすくしようと瓶にさわったら、とたんにパッと走ったです。
脱皮中は大変デリケート。脱ぐタイミングを外したら死にます。こりゃまずかったかなーと思いましたが、安静にしておくとすぐにまた体勢をととのえはじめました。

昆虫は背中が割れて脱皮するものですが、クモは足の付け根から甲羅がぱくっと開きます。
カニとおんなじ。
フックの時は甲羅が開いてる時点で発見した。

にゅ〜
DSC03530
DSC03531

これはフック。↓
DSC02831

足を伸ばしたまま5、6分、つま先をぴくっぴくっとさせながらストレッチ。そのあとぎゅっと足を縮めてまた5、6分、交互にひねりながらストレッチ。つま先を口元でさわさわしてかわいい。
ハリーポッターでヴォルデモート猊下が新しい体を手に入れたとき、手指をしげしげと動かして見つめている一節があるのだけれど、まさにそんな感じ。
タランチュラの飼育者が「足の一本一本の動きを確かめるように」と表現していたのは的確でした。生まれ変わった体を味わうように、感慨深く見つめているように見えます。

最後にぶら下がってた糸を切って、抜け殻を落として終了。
歩きますが完全に体が固まるまではエサをとりません。


突然だがこいつの名前はピエロにする。
世界レベルのクモになれ。

フックはただいま抱卵中。無精卵なので、そのうち捨てるでしょう。なんで分かるのか不思議。

|

« 抽選なのか本当に | トップページ | 姑獲鳥の夏だ »

」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20256/5264002

この記事へのトラックバック一覧です: 脱皮現場にジャストミート:

« 抽選なのか本当に | トップページ | 姑獲鳥の夏だ »